電子情報通信学会 通信ソサエティ IA優秀研究賞を受賞しました

平成29年6月8日に高知工科大学永国寺キャンパスにて開催された電子情報通信学会 通信ソサエティ インターネットアーキテクチャ研究会(IA)にて、情報基盤システム学研究室の修了生である宇野真純さんらがIA優秀研究賞を受賞しました。

IA研究賞はインターネットアーキテクチャ研究会が、インターネットに関する優れた研究や将来性のある研究を対象に、1年間の発表を通じて審査し表彰を行うもので、対象をインターネットアーキテクチャ研究会を指定して投稿・発表した研究とし(ただし招待講演は対象としない)、採点の結果、最も評価の高かった研究を「最優秀研究賞」、それに続く評価を得た複数の研究(3件程度)を「優秀研究賞」として表彰しており、本賞はこの後者にあたるものです。

  • 受賞研究テーマ
    “エントロピーを用いた初期潜入段階におけるRemote Access Trojanの通信検知”
  • 著者/受賞者
    宇野真純(奈良先端大)・石井将大(東工大)・猪俣敦夫(東京電機大)・新井イスマイル・藤川和利(奈良先端大)
  • 受賞者のコメント
    このような賞を頂けて,大変嬉しく思っております。
    ご指導くださった先生方、研究生活を支えてくださった家族、友人へこの場をお借りして深くお礼申し上げます。
  • 外部リンク