論文の構成についてOrganization of paper

バカンスシーズンももう終わりですね。。。松浦です。
8月はガラガラの職場で久しぶりに充実した時間を送れました。

今日は基本的な論文の構成について紹介します。
修論生に毎回同じ事ばっかり言っているので、過去に
コンパクトにまとめてメーリングリストに流しました。
新しい修論生も引けるようにそのままBlogにも載せておきます。

はじめに

設定した課題との対応関係をしつこく確認しましょう。
論文などの文章はきれいに構造化されているものです。

論文の構成について

「結論→説明→結論」といった構成が基本中の基本です。
論文全体、章、節、パラグラフ、どの粒度で見ても
「結論→説明→結論」という構成を取ります。

まずはこれを徹底して下さい。その後で流れや書きやすさを
考えて構成の変更をするようにすべきです。

構成例

1章.想定環境から導かれる課題(A,Bの課題があるとします)を整理する
– 課題解決が論文の結論です。課題を解決すると宣言します。
– 課題は評価軸でもあります。評価を念頭に置いた課題設定をすべきです。

2章.関連研究の説明
– 設定した課題を評価軸にし、関連研究(手法)を紹介します。
A, Bの条件が満たされているかどうかを必ず確認します。
– まとめではA, B両方を満たす手法が無いことを示します。
なぜそうなのか、原因やトレードオフを指摘できるとなお良いです。

3章.提案手法の説明
– 課題Aを解決する手法を説明します。
– 同様に課題Bを解決する手法を示します。
– 提案手法の章を通して、課題A, Bを解決する手法を提示した事を
示し結びます

4章.評価
– A, Bの項目に分けて評価をします。A, Bは評価軸の役割も果たします。
– 実験結果を説明し、自分の手法の有効性を示します。またそれが
課題の解決に繋がることを示します。

5章.結論
– 課題、手法、評価を振り返り、課題が解決できたことを示します。

論文全体で、結論(1章.)→説明(2章.3章.4章.)→結論(5章.)という形に
なっている事が分かるでしょう。節の粒度でみても、例えば
3.1節で課題Aを解決する手法を示したとすると、課題Aを解決するという
宣言(結論)→課題Aを解決する手法の提示(説明)→課題Aを解決可能で
あるという結び(結論)、といった同様の構成を取ります。
また、上で見た来たように全ての説明は課題A, Bと対応して書かれます。
2-4章でA, Bに対応する記述が欠けていれば、それは
不完全な論文というサインです。

「結論→説明→結論」という構成を念頭に、評価軸との対応を
常にチェックしながら論文を執筆して下さい。

by MATSUURA Satoshi