作業効率化ができるかもしれない!?Cheat Sheetまとめ Cheat sheet tips

津田です。

一日がだんだんと短くなり、気温も下がりはじめたので、ホットコーヒーが美味しい季節ですね。

「いちいちググるくらいなオフラインも活用して、作業効率を上げませんか」

といったテーマでブログの記事を書いてみます。

続きを読む

CSS 2012 / MWS 2012参加報告CSS 2012 / MWS 2012 Participation Report

10/30(火) – 11/1(木)の期間、島根県のくにびきメッセでCSS 2012 / MWS 2012が開催されました。

情報基盤システム学研究室からは学生5名が参加してきたので報告したいと思います。

CSS 2012

ラボから見えるキャンパスの景色もすっかり秋色に染まり,冬の足音も近づいて参りました.M2の石井です.

先日,コンピュータセキュリティシンポジウム (CSS) 2012に参加し,論文発表を行ってきたので,その報告を致します.
又,同時開催されたマルウェア対策研究人材育成ワークショップ (MWS) 2012にてM1のチームに紛れ込み,MWS Cupに参戦しました.その様子はこの後紹介して頂きます.

CSSでは主に,コンピュータセキュリティに関するテーマの論文発表,デモ(ポスター)発表が行われ,研究分野のキーワードを挙げると,暗号理論, 暗号実装,暗号プロトコル,ネットワーク・ユビキタスセキュリティ,秘密分散,プライバシ保護,情報セキュリティ教育,心理学とトラストなど様々に渡りま す.
私は暗号実装のセッションで発表しました.今回取り組んだことは,IDベース暗号やその応用技術で用いられるペアリングという函数のGPU並列実装と,そのペアリングの構成についてです.ペアリングや暗号の話については,別にこのブログで紹介できたらと考えています.

css2012_by_inomata800x600

css2012by_y-tsuda_800wid

このペアリングの研究については,割とマイナーな研究分野だと思うのですが,発表は沢山の方々に聴いて頂き,コメントも頂き大変ありがたく,ために なりました.特に,今後の課題でもある,ペアリングの計算で必要になる拡大体の構成や演算については,興味深い示唆を頂き研究に活かしていきたいところで す.

他の研究者の方々の発表として,基本的に私は暗号技術に関する研究発表を聴いて回りました.感じたのは暗号化函数の合成が可能であるような,即ち可 換暗号という技術を用い,プライバシ保護などに応用する研究が多かったことです.今は完全準同型暗号も流行っており,代数を使っているということで,自分 としても大変興味があり今後ぜひ研究してみたいところです.

ポスターセッションではとくに拡大体の乗算(CVMAアルゴリズム)に関する,岡山大学 野上先生らの研究を特にお話を聞かせていただきました.FPGA実装されたそのハードそのものも見せて頂きましたが,並列化にも親和性があるということ で,この後にもアルゴリズムと数学の部分を学習したいと思います.又,野上先生には自身の論文発表後にコメントを頂き感謝しています.

島根県,松江市は地元から割と近いこともあり何度か訪れていますが,良いところです.懇親会ではどじょうすくいの演舞を鑑賞するなどして,楽しませて頂きました.ナイトの方も大変活気があり実行委員会の方々には感謝しています.

# 論文発表の際は京都大学の津田さんに沢山の写真を取って頂きました.ありがとうございます.後輩や猪俣先生にも撮影して頂き,撮られてる感が半端なかったです^^

MWS 2012 -MWS Cup-

M1の寺本です.
石井さんに続き,こちらではMWS Cupの参加報告をさせていただきます.

今年度のCSS/MWSは私の故郷である松江で開催されました.
MWS Cupに参加した私は,「地の利を活かせる」という理由でチームの代表者に選ばれておりましたので,今回のMWS Cupについてもメンバーを代表して書きたいと思います.

MWS Cupは,マルウェア対策研究人材育成ワークショップ(MWS)の中で行われる競技形式の大会のことを指します.
MWS Cupではマルウェアに関わる様々な課題が出題され,チームで解析を行い,その結果を競います.
加えて,競技終了後に解析方法などについての発表を行い,その発表までが最終結果に含まれるのがこのMWS Cupの特徴です.

今回のMWS Cupでは,参加チームは12チームと過去最高の参加数だったようです.
我々は「IT Keys若手の会@NAIST」というチーム名で参加し,inet-labからは石井,金丸,寺本,畑中,村田の五名が参加しました.

MWS Cupでは,大枠として以下の4種類の課題が与えられます.

  1. インシデントレスポンス
    • ある組織の端末がマルウェアに感染した際のインシデントをフォレンジックやコード解析で詳細解析し、解答する課題
  2. drive-by-download攻撃解析
    • クライアント型ハニーポットの通信データ(pcap)をもとに攻撃コードなどを解析し、解答する課題
  3. 検体解析
    • 実際の検体を静的解析し、解答する課題
  4. Androidマルウェア解析
    • 2個(想定)のAndroidマルウェアを解析し、解答する課題

これらの課題に関して,チームで協力して解答していくのがMWS Cupです.
このうち課題1と課題3に関しては,事前課題として競技本番の1週間前にファイルが渡され,回答する問題がありました.

409192_391618507574574_516936778_n
#事前課題の解析中に取材も受けました!

そして,10月30日,MWS Cupの本番の日がやって来ました!

304336_382177365190913_929912678_n

本番では,それぞれの課題をメンバーで分担して解答していきました.
私は,HDDイメージのフォレンジックを行う課題1に取り組みました.
課題1で与えられたのはWindowsのシステムがインストールされたHDDイメージだったのですが,その中からマルウェアの場所と変更されたレジストリキーを特定し,タイムラインを作成し,どのような手段で感染したかを見つけ出し・・・と,手順の多い難しい課題でした.

kaito

mwscup2012-zentai1

事前の準備不足が響き結果は残すことができませんでしたが,多くの経験を得ることができ非常に実りのある大会となりました.
この後,我々はリベンジを誓いながら,11/3~11/4にNAISTで行われたSECCON2012に参加することになります.
その様子については,次回報告していただけると思います.

OpenFlow 1.2で遊んでみた。Play with OpenFlow 1.2

大平です。
最近何かと話題のOpenFlowについて、私もちょっと触ってみましたのでそのご報告を兼ねまして。

OpenFlowがどういうものなのか、導入前に何を考えるべきかなどは、Software Design 2012年11月号あたりをご参照ください。
本記事では、「とりあえずそのあたりはなんとなくわかった。じゃあ実際のところどういう風にコントローラを作りこんでいけばいいのか」といったところを書いてみようと思います。

続きを読む

情報セキュリティワークショップ in 越後湯沢2012Yuzawa Security Workshop 2012

情報セキュリティワークショップ in 越後湯沢2012から招待をいただきましたので参加してまいりました。
既に13回目?の開催ということらしく、大変歴史のあるワークショップで、いわゆるアカデミックよりの学会スタイルをとっておらず、セキュリティ業界の 方々が集まり徹底的に議論できる場を提供しており、なんと参加者も300名ほどの規模のWSでした。元々、警察関係の方々を中心に開催されていた経緯もあ り、様々な講演は直接現地でなければ聞くことでのきないスペシャルな講演ばかりでした(もちろんいくつかの講演はUstreamでの配信も行われていまし たが、オフレコ的なお話しも多数ありました)。
ちなみに今回は、私ごときを車座会議の座長として、新島学園短期大学の花田経子先生よりお招きいただきまして、セキュリティ人材育成についてのセッションを花田先生と担当させていただきました。今回開かれた車座は以下の通りです。

続きを読む

[Linux] GRUBシェルの使い方[Linux] How to use GRUB shell

朝晩はすっかり寒くなってしまいました、岡本です。
自転車に乗っているのですが、そろそろ防寒装備が必要だと感じています。

LinuxではブートローダとしてGNU GRUB を採用しているディストリビューションが多いです。昔Linuxのブートローダとしては LILO (LInux LOder) が使われていましたが、今ではマルチブート対応のGRUBが一般的になり、LinuxだけでなくSolarisなどの標準ブートローダとしても使われるよ うになりました。

さてLinuxサーバをメンテしていると、OSアップグレードなどに伴って起動しなくなることがあります。読み込むべきカーネルイメージを間違え る、GRUBのconfigファイルが壊れる、ファイルシステム破損など…。先日、ラボにあるUbuntuのサーバをアップグレード (do-release-upgrade) したらUbuntuが起動しなくなってしまいました。GRUBのOS選択画面が出てこなくなりました。その代わり、以下のようなプロンプトが出てきました。

続きを読む

Flotr2で描く動的なグラフHow to draw dynamic graphs with ‘Flotr2′

フランスは一気に暗く寒くなりました。。。松浦です。
朝の7時では真っ暗ですし、コートを羽織る人も随分増えてきました。この先が思いやられますが、オイスターやムール貝が美味しく食べられると期待して頑張っています。

今日はFlotr2を使った動的なグラフの描き方を紹介ます。Flotr2を使うとjavascriptで綺麗でかつ簡潔にグラフが描けます。
http://www.humblesoftware.com/flotr2/

ここではsinカーブ上を点が移動していくグラフの描き方を紹介します。

続きを読む

情報処理学会関西支部大会@大阪大学中之島センター The Conference of Information Processing Society of Japan Kansai Branch @ Osaka Univ. Nakanoshima Center

M2 津田です。
球場は暑い夏。しかし、デジタル本部は、寒い夏と呼ばれる甲子園組の業務も滞り無く終わり、秋らしい気候になってきました。

9月21日に大阪大学中之島センターにて行なわれた情報処理学会 関西支部大会に参加して参りました。
続きを読む

論文の構成についてOrganization of paper

バカンスシーズンももう終わりですね。。。松浦です。
8月はガラガラの職場で久しぶりに充実した時間を送れました。

今日は基本的な論文の構成について紹介します。
修論生に毎回同じ事ばっかり言っているので、過去に
コンパクトにまとめてメーリングリストに流しました。
新しい修論生も引けるようにそのままBlogにも載せておきます。

はじめに

設定した課題との対応関係をしつこく確認しましょう。
論文などの文章はきれいに構造化されているものです。

論文の構成について

「結論→説明→結論」といった構成が基本中の基本です。
論文全体、章、節、パラグラフ、どの粒度で見ても
「結論→説明→結論」という構成を取ります。

まずはこれを徹底して下さい。その後で流れや書きやすさを
考えて構成の変更をするようにすべきです。

構成例

1章.想定環境から導かれる課題(A,Bの課題があるとします)を整理する
– 課題解決が論文の結論です。課題を解決すると宣言します。
– 課題は評価軸でもあります。評価を念頭に置いた課題設定をすべきです。

2章.関連研究の説明
– 設定した課題を評価軸にし、関連研究(手法)を紹介します。
A, Bの条件が満たされているかどうかを必ず確認します。
– まとめではA, B両方を満たす手法が無いことを示します。
なぜそうなのか、原因やトレードオフを指摘できるとなお良いです。

3章.提案手法の説明
– 課題Aを解決する手法を説明します。
– 同様に課題Bを解決する手法を示します。
– 提案手法の章を通して、課題A, Bを解決する手法を提示した事を
示し結びます

4章.評価
– A, Bの項目に分けて評価をします。A, Bは評価軸の役割も果たします。
– 実験結果を説明し、自分の手法の有効性を示します。またそれが
課題の解決に繋がることを示します。

5章.結論
– 課題、手法、評価を振り返り、課題が解決できたことを示します。

論文全体で、結論(1章.)→説明(2章.3章.4章.)→結論(5章.)という形に
なっている事が分かるでしょう。節の粒度でみても、例えば
3.1節で課題Aを解決する手法を示したとすると、課題Aを解決するという
宣言(結論)→課題Aを解決する手法の提示(説明)→課題Aを解決可能で
あるという結び(結論)、といった同様の構成を取ります。
また、上で見た来たように全ての説明は課題A, Bと対応して書かれます。
2-4章でA, Bに対応する記述が欠けていれば、それは
不完全な論文というサインです。

「結論→説明→結論」という構成を念頭に、評価軸との対応を
常にチェックしながら論文を執筆して下さい。

by MATSUURA Satoshi