第4回IPv6Mobile-testbedミーティングIPv6Mobile-testbed meeting #4

更新が遅くなってしまいましたが,6/25に行われた第4回IPv6Mobile-testbedミーティングについて紹介させて頂きます.

第3回のミーティングでは,B.A.T.M.A.N.制御ツールbatctlをインストールしてNICに仮想インターフェースを割当て,室内でL2でのマルチホップ通信の動作確認を行いました.
正常に動作することが確認できたので,今回はMR(Mobile Router)用端末をルータとして使うための設定,kernelの設定&再構築を行います.
(以下OSはUbuntu-server 11.10)

1.MRとしての設定
〜まずはIPv6に関する基本的なおさらいから〜
IPv6ネットワークでは,端末へのアドレッシングにRA(Router Advertisement)を用いることができます.
RAとはルータが近隣ノードへプレフィックスなどを通知するためのNDP(Neighbor Discovery Protocol)メッセージの事であり,各端末はこのRAパケットのプレフィックスと自分のMACアドレスを組み合わせて、IPv6アドレスを生成する 事ができます.
これによって,IPv6ではIPv4のようにDHCPサーバを用意しなくても自動的にステートレスアドレスを生成することが可能です.
またIPv6では,ルータはRAを受け取らない(受け取っても解釈しない)という決まりごとがあります.
従って今回MRには,下流インターフェースの指定,RAを受け取らない,フォワーディングを行う,RAを送信するという設定が必要になります.

●下流インターフェースの設定
とりあえず今回は,下流インターフェースにeth0を利用します.(後々wlan1も利用する予定)
/etc/network/interfacesに以下の設定を追加します.

 ●RAを受け取らない・フォワーディングの有効化設定
/etc/sysctl.confを,以下のように設定する

 ●RAの送信を行う
今回RAの送信を行うためのデーモンとしてradvdを使います.
まずはradvdとをインストールします.

 インストールが完了したら,/etc/radvd.confを以下のように設定します.

あとは再起動すれば下流ネットワークにRAを送信するようになります.
なお自動起動の設定は,sysv-rc-confで行います.

2.kernelの設定&再構築
〜目的〜
MRは下流に複数のノードをもち,そのネットワークを保持したまま移動しますが,この時NEMO(Network Mobility)と呼ばれるプロトコルを利用します.
NEMOは,Mobile IPv6(CMIP)をベースに作成されたネットワークを移動させながら通信するためのプロトコルです.
そこで今回私達はNEMOを実装するために,UMIPというMobile IPv6とNEMOのオープンソース実装を利用します.
従ってまずはUMIPを利用するのに必要な準備として,Linux Kernelの2.6.26以降のバージョンに統合されているIPv6モビリティサポートの機能を使えるようにKernelのコンパイルとインストールを行います.

●Kernelのコンパイル
必要なカーネルをDLして,メニュー画面を開きます.

 以下の項目の設定をONにします.

 設定が完了したらKernelのコンパイルを行います.(長時間かかります)

 ●Kernelのインストール
コンパイルが完了したら,Kernelのインストールを行います.

Reboot後OSの名前を確認し,コンパイルしたものに変わっていれば成功です.

写真-12-07-02-18-20-08
GPSでの位置情報取得のために窓際に置かれるDevice達

今回UMIPを利用するための準備が完了したので,次回はUMIPをインストールしてNEMOを利用できるようにします.

(参考URL)
[1]How to setup a NEMO Basic support testbed (with IPsec static keying)
http://www.umip.org/docs/umip-nemo.html

[2]Kernel/Compile – Community Ubuntu Documentation
https://help.ubuntu.com/community/Kernel/Compile/

[3]How to install UMIP (kernel and userland)
http://www.umip.org/docs/umip-install.html

by Kenta MORI

OSX(Lion)におけるPCI-URS-03(USB-Serial)の使い方Reading VAISALA(WXT510) raw data by PCI-URS-03 on OSX(Lion)

INRIAのテニス大会に参加し、結果ベスト4となりました(決勝は行けず)。松浦です。

今日はOSX10.7でUSB-Serialケーブルを利用する手順を紹介します。
URS-03だけでなくPL2303系のケーブルなら基本この方法でOKです。

SnowLeopard(Mac OSX 10.6)ではPL2303ベースのシリアルケーブルを利用する時は
.plistファイルを直接編集してproduct IDを変更するとかちょっと面倒でしたが、
Lion(10.7)ではすぐにインストールして利用可能です。

追記 (2014.03.04)

OSX 10.9.2 MacBook Air 13-inch Mid 2013上で
SANWAサプライのUSB-CVRS9も同様の方法で動作すると報告を貰いました。

目的

OSX(Lion)でVAISALA(気象センサ)の生データを取得したい。

環境

> sw_vers
ProductName: Mac OS X
ProductVersion: 10.7.4
BuildVersion: 11E53

デバイス

PCI社 URS-03(PL2303ベースのシリアルUSB変換ケーブル)
VAISALA社 WXT510(気象センサ)

インストール手順

http://xbsd.nl/2011/07/pl2303-serial-usb-on-osx-lion.html
基本的には上記URLに書いてある通りに設定すればよい。
ここでは ~/temp/pci/ で作業をする事にする。

http://xbsd.nl/~martijn/log/osx-pl2303.kext.tgz
上記URLのファイルを取得し、作業ディレクトリに展開。

動作手順

URS-03をUSBポートに接続

WXT510の電源を入れ、シリアルケーブルをURS-03に繋げると、
URS-03のランプが点滅しだす。cuコマンドで確認。
切断は’~.’(チルダ+ドット)とタイプ。

上記のような生データが得られる。

参考URL

・PL2303 Serial-USB on OSX Lion
http://xbsd.nl/2011/07/pl2303-serial-usb-on-osx-lion.html

・prolific.com
http://www.prolific.com.tw/US

by MATSUURA Satoshi

餃子パーティGyoza party

研究室のあるB棟2階リフレッシュルームにて餃子パーティが開催されました。
連絡の行き違いと勘違い(?)によって、焼き餃子、水餃子、焼きそば、白米という変わったメニューとなりましたが美味しいごはんが食べられたので満足です。
結局linux輪講やるのかな…

CA3C0147

by Goshima

第2回IPv6Mobile-testbedミーティングIPv6Mobile-testbed meeting #2

本日、モバイルテストベッド構築のミーティングが行われました。

このミーティングは、小型PC10台を用いてIPv6のモバイルテストベッド環境を構築するためのものです。
Dの野口さんの呼びかけによって、M1から4人のメンバーが参加しています。

第1回のミーティングは6月5日に行われ、構築するテストベッドのトポロジなどの確認や、今後の作業予定のリストアップなどが行われました。

続きを読む

BFPRT AlgorithmBFPRT Algorithm

先日ローランギャロスにテニス観戦に行ってきました。松浦です。
フランスでは全仏オープン決勝(ジョコビッチ vs ナダル)があり、先週から
INRIAのラボでも昼食時はテニスの話題が沢山出て盛り上がっています。

今日はBFPRTアルゴリズムを紹介したいと思います。
BFPRTは最悪時でもO(N log N)を保証する中央値ソートの一種です。

スライドを用意したので、詳細は上記の資料に譲るとして、
固定長の部分配列に分割して中央値群の中央値を選択していく過程を見たり、
中央値の近似値と真の中央値のずれの原因を理解したり、そういう事が
他の所でもヒントになればと思い紹介しました。

続きを読む

計算機環境構築輪講 その2:ルータ構築Server and Network Construction Part 2: Building a Router

UTPケーブルの作成に始まった計算機環境構築輪講は,着々と次のステップへ進んでいます.

まず,M1にはPC・モニタ・キーボード一式が各々1台ずつ割り当てられます.このPCがルータとして機能するよう,環境構築を行います.
5月いっぱいでモニタとキーボードが撤去されてしまうので,それまでにOSのインストールと静的ルーティングの設定,SSHによるリモートログインの設定を済ませなければなりません.

私は,これまで触れたことが無いという理由でFreeBSDをインストールしてみました.Linuxとの細かな違いに戸惑いつつも,期限内に設定を終えることができました.

撤去されていくモニタとキーボード達・・・

IMG_20120601_164331_small

モニタとキーボードが撤去され,少しサーバらしくなりました.

IMG_20120601_164708_small

次は,動的ルーティングの設定へ進みます.
果たして,上手く動いてくれるのでしょうか・・・

By Yohei KANEMARU

那智On sunny days, I would like to go Nachi!!

今日は前々から大変だと評判のネットワークの試験がおわりました。

来週あと2科目残っていますが、今日みたいな天気のいい日には、

那智・勝浦に行きたくなります。

和歌山県 那智には日本三滝の一つ、那智の滝とか、

日本三大火祭りの一つ 那智の火祭りとか、

鯨やイルカがいたり、鮪がおいしかったり、

温泉もあるそうです。

そろそろinet-lab恒例の夏合宿の行き先を決めないといけないそうなので、

行き先のアンケート取る前に那智おしておきます。

Nachi_waterfall_01

by Hatanaka

ネットワークモデリング輪講スタート!The lecture of network modeling in turn starts !

今日はお昼過ぎに急な通り雨がありました。30分ほど激しく降り雷鳴が轟きました。

そして、まさかの全学停電という異常事態! (°д°;;)

研究室内の足元のマシンやら、計算機室のサーバやらに大打撃!!

とまではいきませんでしたが、UPSなどの備えはやはり必要なものだと感じました(-_- )

さて、前置きが長くなりましたが、

今日からネットワークモデリング輪講のスタートです。

120529_1706

オレンジの服の人がDrの先輩で今日の担当者です。

輪講のモチベーションとしては

「研究において各自の提案システムを定量的に評価できるようになろう」

というものです。

内容的には 待ち行列、ポワソン過程 ・・・です。

「客数がポワソン分布に従う」ことと

「到着間隔が独立同一な指数分布に従う」ことが

等価という事実は大変重要なので、しっかり理解しておくように!

回が進むにつれて、どんどん激しさを増していくこの輪講。。。

果たして、私は自分の担当分をかみ砕いて説明できるのでしょうか?( ̄~ ̄;)

by Masashi HASHIMOTO

NAISTオープン・キャンパス実施中NAIST open campus is goning on

今日は本学のオープンキャンパス。
みんなで協力して来客の方々に研究の説明をしています。

opencampus02-300x225 opencampus011-225x300

自分は海外学生の方から英語で説明を求められあたふたする場面も。。。orz

研究を英語で説明するのって難しいですね。

今後11月ごろにもオープンキャンパスが開かれるのではないかと思いますので、コンピュータ・サイエンスに興味のある方は、一度足を運んでみてはいかがでしょうか?

by Tadashi Nishide

水出しアイスコーヒー始めましたWe started water brewed coffee!

5月も半分が過ぎ、日中は少し暑く感じることも増えてきましたね。

奈良先端大には、研究に疲弊した時や、気分を変えたい時に利用するリフレッシュコーナーと呼ばれるものがあります。
研究室によっては、漫画の棚を設置して漫画図書館になっていたり、飲み物を充実させていたり、各研究室によってその環境は異なります。
inet-labでは、お隣りの総合情報基盤センターと共有して利用していることもあり、ミル、ポット型浄水器、コーヒーサーバ、ドリップポット、サイズの異なるドリッパーなど・・・コーヒー通にとって、かなり充実した環境となっています!

その環境を利用して、作ってみました

水出しアイスコーヒーです!

IceCoffee

作り方はとても簡単で、粉にしたコーヒー豆をお茶っ葉をいれるパックにいれてあとは水につけるだけです。

味は、まろやかで、酸味、苦味が少し弱まります。しかし、ゴクゴクと飲むことができるので、コーヒーが苦手な人でも飲むことができるのでは・・・と思われます。

さ、暑い季節は、これを飲みながら、サーベイ、設計、コーディングでしょうか。

By Toru TSUDA