プロジェクト

超高精細映像の遠隔配信・共有技術

超高精細映像という 4K または 8K 映像は、今までのハイビジョン映像に比べてより高い臨場感や緻密さを表現することが可能となり、現在ではデジタルシネマや遠隔医療の現場、美術品アーカイブの手法などにも使用され始めており、急速に超高精細化へのニーズが高まって来ているといえます。

総務省も、2020年開催の東京五輪をターゲットにして、4K, 8K 映像の放送サービスに関するロードマップとして、2016年に BS 試験放送、2018年に BS 本放送を開始するという方針を打ち出しています。

BS や CS での放送サービスではデータの配信可能帯域に制限が存在し、非圧縮の超高精細映像を配信することは不可能で、画質やリアルタイム性が劣ることになる圧縮した映像を使用せざるを得ないという大きな欠点があります。

そこで我々の研究室では、より遠距離に対して遅延なく高画質のまま映像配信することが可能である、インターネットを使用した映像配信という手法について研究を行っています。

研究課題

超高精細映像が必要とする非圧縮でのデータ量は凄まじく大量 (非圧縮 4K で 6.4 Gbps) で、インターネットを使用した映像配信や映像データの共有において多くの問題を抱えており、それらを解決するための研究を行っています。

例としては、配信に必要な帯域を安定して確保することが困難になった場合、様々な経路での確保可能な帯域を考慮しながら、

  • 映像を複数の経路に分散させて配信する手法についての研究
  • 予め多地点に分散してアーカイブさせておいた一つの映像データを、多地点から同時配信して分散前の映像に復元し表示する手法についての研究
  • 複数地点にアーカイブされている複数の映像データを、遠隔地からリモート編集するためのデータ共有化の手法についての研究

を行っています。また、研究内容を検証するための実証実験も並行して行っています。

2014年2月には、8K 映像の配信にもチャレンジしており、世界初となる非圧縮 8K 映像配信実験(東京・大阪間)を成功することができました。