発表論文

学術論文誌

  1. Eiji Kawai, Kadohito Osuga, Ken-ichi Chinen, and Suguru Yamaguchi. Duplicated Hash Routing: A Robust Algorithm for a Distributed WWW Cache System. IEICE Transactions on Information and Systems, IEICE, Vol.E83-D, No.5, pp.1039-1047, May 2000.
  2. 河合 栄治,知念 賢一,山口 英,砂原 秀樹. 分散型キャッシュシステムにおける通信の定量的分析. コンピュータソフトウエア,日本ソフトウエア科学会, Vol.17 No.4, pp.41-57, 2000年 7月.
  3. 西馬 一郎,河合 栄治,知念 賢一,山口 英,山本 平一. 通知によるコンテンツ一斉公開機構を用いたWWWクラスタシステム. 情報処理学会論文誌, 情報処理学会, Vol.43, No.11, pp.3439-3447, 2002年11月.
  4. 河合 栄治,白波瀬 章,塚田 清志,山口 英. 商用WWWサービスのIPv6への現実的な移行手法. 情報処理学会論文誌, 情報処理学会, Vol.44, No.3, pp.742-750, 2003年3月.
  5. 河合 栄治,門林 雄基,山口 英. ネットワークプロセッサ技術の研究開発動向. 情報処理学会論文誌コンピューティングシステム, 情報処理学会, Vol. 45, No. SIG1 (ACS4), pp.54-65, 2004年1月.
  6. 河合 栄治,門林 雄基,山口 英. ネットワークサーバにおける多重化I/Oの実行間隔制御による性能向上手法. 情報処理学会論文誌, 情報処理学会, Vol. 45, No.2, pp.391-401, 2004年2月.
  7. 赤藤 倫久,河合 栄治,山口 英,香取 啓志. 大規模イベントのコンテンツ製作におけるメディアの多様化への対応. 映像情報メディア学会誌, Vol. 59, No. 2, pp.279-286, 2005年2月.
  8. 河合 栄治,門林 雄基,山口 英. 実時間シグナルを用いたポーリングI/Oライブラリの設計. 情報処理学会論文誌コンピューティングシステム, 情報処理学会, Vol. 46 No. SIG4 (ACS9), pp.22-32, 2005年3月.
  9. Eiji Kawai, Youki Kadobayashi, and Suguru Yamaguchi. Reducing Processor Usage on Heavily-loaded Network Servers with POSIX Real-time Scheduling Control. IEICE Transactions on Information and Systems, IEICE, Vol.E88-D, No.6, pp.1168-1177, Jun. 2005.
  10. Takahiro Hirofuchi, Eiji Kawai, Kazutoshi Fujikawa, and Hideki Sunahara. USB/IP: A Transparent Device Sharing over IP Network. IPSJ Transactions on Advanced Computing Systems, Vol. 46, No. SIG 12 (ACS11), pp.349-361, Aug. 2005.
  11. 寺田 直美,河合 栄治,砂原 秀樹.クライアント品質推定のための詳細なストリーミングサーバログ分析. 情報処理学会論文誌, 情報処理学会, Vol. 47, No.7, pp.2019-2029, 2006年7月.
  12. 中村 暢達,藤山 健一郎,河合 栄治,砂原秀樹. 耐障害システムのためのデータベース接続層の拡張による柔軟な複製機構. 情報処理学会論文誌, 情報処理学会, Vol. 48, No.4, pp.1562-1572, 2007年4月.
  13. Eiji Kawai and Suguru Yamaguchi. A Benchmark Tool for Network I/O Management Architectures. IPSJ Journal,  Vol.49, No.3, pp.1163-1175, Mar. 2008.
  14. Manabu Hirano,Takeshi Okuda,Eiji Kawai, Suguru Yamaguchi. Design and Implementation of a Portable ID Management Framework for a Secure Virtual Machine Monitor. International Journal of Information Assurance and Security. (to appear)

国際会議

  1. Eiji Kawai, Ken-ichi Chinen, Suguru Yamaguchi, and Hideki Sunahara. A Quantitative Analysis of ICP Queries at the Distributed WWW Caching System. INET'99, San Jose, CA, USA, 1999.
  2. Eiji Kawai, Ken-ichi Chinen, Suguru Yamaguchi, and Hideki Sunahara. An Analysis of the Number of ICP Packets on a Distributed WWW Caching System. IWI'99: International Workshop on Internet '99, in conjunction with 1999 International Conference on Parallel Processing (1999 ICPP), Aizu, Japan, 1999.
  3. Ken-ichi Chinen, Eiji Kawai, Youki Kadobayashi, and Suguru Yamaguchi. User Level Techniques for Improvement of Disk I/O in WWW Caching. Intelligent Web Caching for E-Businesses Symposium, pp.75-81, Tucson, AZ, USA, October, 2001.
  4. Yutaka Nakamura, Eiji Kawai, Shinji Shimojo, Suguru Yamaguchi, and Hideki Sunahara. The Design and Implementation of a Kernel Monitoring System for Network Servers. The 2002 International Symposium on Applications and the Internet (SAINT2002), Nara, Japan, January, 2002.
  5. Yutaka Nakamura, Eiji Kawai, Shinji Shimojo, Suguru Yamaguchi, and Hideki Sunahara. Development of a WWW Server Management Support System. Workshop of "Measurement Technology for the Internet Applications", co-located with the 2002 International Symposium on Applications and the Internet (SAINT2002), Nara, Japan, January, 2002.
  6. Eiji Kawai, Akira Shirahase, Kiyoshi Tsukada, and Suguru Yamaguchi. Practical Migration Strategy to IPv6 for Enterprise Web Services. The 11th International World Wide Web Conference, Honolulu, USA, May. 2002.
  7. Eiji Kawai, Youki Kadobayashi, and Suguru Yamaguchi. Efficient Network I/O Polling with Fine-Grained Interval Control. Internaitonal Conference on Communications, Internet, \& Information Technology (CIIT2003), Scottsdale, AZ, USA, November, 2003.
  8. Eiji Kawai, Youki Kadobayashi, and Suguru Yamaguchi. Improving Scalability of Processor Utilization on Heavily-Loaded Servers with Real-Time Scheduling. International Conference on Parallel and Distributed Computing and Networks (PDCN2004), Innsbruck, Austria, February, 2004.
  9. Eiji Kawai, Youki Kadobayashi, and Suguru Yamaguchi. A Fast Polling I/O Implementation with Real-time Signals. The 3rd IEEE International Symposium on Network Computing and Applications (IEEE NCA04), Cambridge, MA, USA, August, 2004.
  10. Takahiro Hirofuchi, Eiji Kawai, Kazutoshi Fujikawa, and Hideki Sunahara. Peripheral Bus Extension for Device Sharing over IP Network. USENIX Annual Technical Conference (FREENIX Track), Anaheim, CA, USA, April, 2005.
  11. Naomi Terada, Eiji Kawai, and Hideki Sunahara. Extracting Client-side Streaming QoS Information from Server Logs. IEEE Pacific Rim Conference on Communications, Computers and Signal Processing, Victoria, B.C., Canada, August, 2005.
  12. Motohiro Ichikawa, Yutaka Nakamura, Eiji Kawai, Kazutoshi Fujikawa, and Hideki Sunahara. NAS: the NAIST user Authorization management System for network accesses in consideration of administration volunteers. ACM SIGUCCS Fall 2005 Conference, Monterey, CA, USA, November, 2005.
  13. Eiji Kawai, Suguru Yamaguchi, Tomohisa Akafuji, and Keishi Kandori. A Framework of a Content Distribution Service Synchronized with TV Broadcasting Programs. IEEE Consumer Communications and Networking Conference (CCNC 2006), Las Vegas, NV, USA, January, 2006.
  14. Hisao Tanaka, Eiji Kawai, Suguru Yamaguchi, Heiichi Yamamoto. Implementation Issues of a Push Event Delivery Mechanism for Web Content Service Synchronized with TV Programs. The 8th International Conference on Advanced Communication Technology (ICACT2006), Phoenix park, Korea, Feburary, 2006.
  15. Takashi Shinozaki, Eiji Kawai, Suguru Yamaguchi, and Heiichi Yamamoto. Performance Anomalies of Advanced Web Server Architectures in Realistic Environments. The 8th International Conference on Advanced Communication Technology (ICACT2006), Phoenix park, Korea, Feburary, 2006.
  16. Nobutatsu Nakamura, Ken'ichiro Fujiyama, Eiji Kawai, and Hideki Sunahara. A Flexible Recovery Mechanism with Extended Database Connection Layers. The 5th IEEE International Symposium on Network Computing and Applications (IEEE NCA06), Cambridge, MA, USA, July 2006.
  17. Manabu Hirano, Takeshi Okuda, Eiji Kawai, Suguru Yamaguchi. Design and Implementation of a Portable ID Management Framework for a Secure Virtual Machine Monitor. 2nd International Workshop on Secure Information Systems (SIS'07), Wisla, Poland, October. 2007.

国内研究会

  1. 河合 栄治,砂原 秀樹,湊 小太郎. 高速かつ移植性の高いJava Virtual Machineの設計と実装. 情報処理学会 マルチメディア通信と分散処理研究会 (IPSJ SIG Note, Vol.98, No.15, pp.25-30),1998年 2月.
  2. 河合 栄治,知念 賢一,砂原 秀樹,尾家 祐二. 分散型キャッシュシステムにおけるICP問い合わせホスト数とパケット数の解析. インターネット コンファレンス '98,1998年 12月.
  3. 河合 栄治,知念 賢一,山口 英,砂原 秀樹. Harvest型分散キャッシュシステムにおけるトラヒックの分析. Japan Web Cache Workshop, 1999年 3月.
  4. 大須賀 圭人,河合 栄治,知念 賢一,山口 英. プロキシサーバの故障を考慮したHRキャッシュクラスタの性能解析. 情報処理学会 マルチメディア通信と分散処理研究会,1999年9月.
  5. 蟻川 浩,河合 栄治,砂原 秀樹. グローバルコンピューティングに適したJava実行環境の研究. 情報処理学会 第42回プログラミングシンポジウム,2001年1月.
  6. 西馬 一郎,河合 栄治,知念 賢一,吉田 豊一,香取 啓志,山口 英. WWWクラスタにおける同期を考慮したコンテンツ更新機構の設計と実装. インターネットコンファレンス 2001,2001年 11月.
  7. 河合 栄治,白波瀬 章,塚田 清志,山口 英. 商用WWWサービスのIPv6環境移行技術の研究. 情報処理学会 マルチメディア通信と分散処理研究会, (IPSJ SIG Note, Vol.2002, No.32, pp.37-42),2002年 3月.
  8. 松本 義秀,河合 栄治,奥田 剛,門林 雄基. Peer-to-Peer Networkを用いたWeb Cacheの提案と実装. 情報処理学会 第10回 マルチメディア通信と分散処理(DPS)ワークショップ,2002年 10月.
  9. 藤部 修平,知念 賢一,河合 栄治,赤藤 倫久,香取 啓志,山口 英,山本 平一. Webサーバファームにおけるスタンバイ状態を導入したサーバ切り替え方式の開発. 情報処理学会 分散システム/インターネット運用技術シンポジウム2003, 2003年1月.
  10. 佐藤 純次,河合 栄治,中村 豊,藤川 和利,砂原 秀樹. リモート・デバイス利用に関する汎用的なフレームワークの設計と実装. 情報処理学会 システムソフトウエアとオペレーティングシステム研究会, 2003年 2月.
  11. 佐藤 彩子,河合 栄治,藤川 和利,砂原 秀樹. 個人の知識情報を対象とした情報発信・流通モデルの提案. 電子情報通信学会 第14回データ工学ワークショップ DEWS2003,2003年 3月.
  12. 河合 栄治,門林 雄基,山口 英. 多重化I/Oの実行間隔制御による効率化手法. 日本ソフトウエア科学会,SPA2003,2003年 3月.
  13. 河合 栄治,門林 雄基,山口 英. 多重化I/Oの実行間隔制御におけるスケジュール操作による 確定的なプロセッサ利用の実現. 情報処理学会 システムソフトウエアとオペレーティングシステム研究会, 2003年 5月.
  14. 広渕 崇宏,河合 栄治,中村 豊,藤川 和利,砂原 秀樹. USBドライバスタックを拡張したリモートデバイス利用方式. 情報処理学会 システムソフトウエアとオペレーティングシステム研究会, 2003年 5月.
  15. 河合 栄治,門林 雄基,山口 英. ネットワークプロセッサ技術に関するサーベイ. 電子情報通信学会 IA研究会,2003年 5月.
  16. 広渕 崇宏,河合 栄治,中村 豊,藤川 和利,砂原 秀樹. IPデバイス空間実現に向けたUSB over IPによるデバイス制御機構の提案. 情報処理学会 ユビキタスコンピューティング研究会, 2003年 11月.
  17. 田中 基貴,河合 栄治,藤川 和利,砂原 秀樹. メモ情報に基づく情報流通基盤の提案と実現. 情報処理学会 デジタルドキュメント研究会, 2004年 1月.
  18. 河合 栄治,門林 雄基,山口 英. 実時間シグナルを用いたポーリングI/Oライブラリの設計. 情報処理学会 第16回コンピュータシステム・シンポジウム Comsys2004, 2004年 11月.
  19. 寺田 直美,河合 栄治,砂原 秀樹. ストリーミングサービスにおけるクライアント上のサービス品質推定のためのサーバログ分析手法の提案. 情報処理学会 マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2005)シンポジウム,2005年 7月.
  20. 市川 本浩,河合 栄治,藤川 和利,砂原 秀樹. インターネットにおける組織間システム連携時のアクセス制御に関する考察. 情報処理学会 分散システム/インターネット運用技術研究会, 2005年 8月.
  21. 田中 久夫,河合 栄治,小山 琢己,山口 英,山本 平一. WWWにおける時間的制約のあるプッシュ型情報配信機構の設計とプロトタイプ実装. 情報処理学会 第12回放送コンピューティング研究グループ研究会. 2005年11月.
  22. 篠崎隆志,河合栄治,山口英,山本平一. 広帯域ネットワークにおけるLinux上のWebサーバの挙動分析. 情報処理学会 第15回システム評価研究会. 2005年11月.
  23. 河合 栄治,山口 英,赤藤 倫久,香取 啓志. Web上で番組連動型情報サービスを実現する同報通信機構の構想. 日本ソフトウエア科学会 第7回インターネットテクノロジーワークショップ (WIT2005). 2005年11月.
  24. 中村 暢達,藤山 健一郎,河合 栄治,砂原 秀樹. 柔軟な復旧要件を満たすデータベース接続層データ複製手法の提案. 情報処理学会 第17回コンピュータシステム・シンポジウム Comsys2005, 2005年 11月.
  25. 河合 栄治,山口 英. コネクション集合における通信の局所性を考慮したベンチマークツールの試作. 情報処理学会 第14回マルチメディア通信と分散処理ワークショップ,2006年 11月.
  26. 永松 良一,河合 栄治,砂原 秀樹. Apacheの動的なメモリキャッシュ管理手法. 日本ソフトウエア科学会,SPA2007, 2007年9月.
  27. 諏訪 公洋,平野 学,奥田 剛,河合 栄治,山口 英. 仮想計算機環境におけるネットワークアクセス制御層の提案. Computer Security Symposium 2007 (CSS2007). 2007年10月.
  28. 永松 良一,河合 栄治,砂原 秀樹. 急激なメモリ需要の変動に追従するメモリ管理機構の設計と評価. 情報処理学会 システムソフトウエアとオペレーティング・システム研究会. 2008年1月.
  29. 諏訪 公洋,平野 学,奥田 剛,河合 栄治,山口 英. 仮想計算機環境におけるネットワークアクセス制御層の設計と実装. 情報処理学会 分散システム/インターネット運用技術研究会. 2007年3月.

賞罰

  1. インターネットコンファレンス'98
    プレゼンテーション賞
    98年12月
  2. USENIX Annual Technical Conference (Freenix Track)
    The Best Paper Award
    05年4月
  3. 情報処理学会マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2005)シンポジウム
    優秀論文賞
    05年8月
  4. 情報処理学会
    山下記念賞
    06年7月
  5. 電子情報通信学会
    通信ソサイエティ活動功労賞
    06年9月

競争的研究資金

研究代表者

  1. 「超高速I/O指向オペレーティングシステム」
    科学技術振興事業団(現科学技術振興機構)戦略的創造研究推進事業 さきがけ研究21
    2000年10月-2003年9月
  2. 「超高速ネットワークサービス実現のためのハードウエア支援フレームワークの研究開発」
    科学研究補助金 若手(B)
    2004年度-2005年度
  3. 「ハイブリッドサーバアーキテクチャを実現する動的なサービス管理機構の研究開発」
    科学研究補助金 若手(B)
    2006年度

研究分担者

  1. 「センサーネットワークを中心としたエンドツーエンドセキュリティ技術の開発」
    研究代表者:奈良先端科学技術大学院大学 砂原 秀樹 教授
    科学研究補助金 特定領域研究 情報爆発時代に向けた新しいIT基盤技術の研究
    2006年度
  2. 「高セキュリティ機能を実現する次世代OS環境の開発」
    研究代表者:筑波大学 加藤 和彦 教授
    科学技術振興調整費 重要課題解決型研究等の推進
    2006年度-2008年度(予定)

学会委員など