IPデバイス空間実現にむけたUSB over IPによるデバイス制御機構の提案

広渕崇宏,河合栄治,中村豊,藤川和利,砂原秀樹
広帯域のネットワークインフラの普及とネットワークインタフェースの低価格化によって、IP ネットワークを介して制御可能な計算機の周辺機器が登場しつつある。 我々は、IP ネットワーク上に遍在する計算機の周辺機器をオンデマンドかつシームレスに使用するアーキテクチャとしてIP デバイス空間を開発中である。 IP デバイス空間実現のためには、IP ネットワークを介した周辺機器制御技術が不可欠である。 しかし、既存のIP ネットワークを介した周辺機器制御技術は、いずれもIP デバイス空間に適さない。 そこで、IP デバイス空間上でのデバイス制御手法として、USB over IP によるデバイス制御を提案する。 本論文では、IP デバイス空間について説明した後、USB over IP によるデバイス制御手法を提案し、その設計について述べる。

Postscript (gzip'd postscript)
PDF


$Id: hirofuchi-ipsj-ubi200311-abst-j.html,v 1.1 2004/10/25 02:14:41 eiji-ka Exp $