リモート・デバイス利用に関する汎用的なフレームワークの設計と実装

佐藤 純次,河合 栄治,中村 豊,藤川 和利,砂原 秀樹
様々なバス・インターフェイスに対応した多くの周辺機器が登場してきているが,それらの周辺機器は計算機に直接接続した利用しかなされていないの が現状である. 周辺機器は通常デバイスドライバと呼ばれるカーネルの一機能にて制御され,カーネルレベルにてネットワークを介した周辺機器(リモート・デバイス)の透過 的利用を実現する技術は多数存在する. しかしいずれも,特定の周辺機器の利用や,専用のAPIを必要とするなど制限が存在する. そこで,カーネルレベルにてリモート・デバイスを利用する汎用的なフレームワークを提案する. 本稿では,リモート・デバイス利用を実現するフレームワークの設計と実装について述べる.

Postscript (gzip'd postscript)
PDF


$Id: ipsj-os-200302-abst-j.html,v 1.1 2004/10/25 02:14:43 eiji-ka Exp $