研究室紹介

未来をもっと楽しくmake your inspiration real

をモットーに情報基盤システム学研究室(愛称:inet-lab)は藤川 和利教授が2011年4月に第2期のスタートを切った新しい研究室です。モバイル、ネットワーク、セキュリティ、トラフィックを主とした研究を行っています。

  • 「私たちのビジョン」
    今や生活のインフラとなっているインターネットや無線LAN、クラウドシステムをより便利により安全に本当に使うことができる環境を実現することを目指しています。また、次世代のICTインフラ技術やサービスはどのようなものかを考え、それに必要な研究開発をおこなっています。
  • 「私たちのミッション」
    研究内容が「絵に描いた餅」にならないようにシミュレーションを行うだけでなく、総合情報基盤センターと連携して実際に運用されているシステムや機器を使って、研究のアイデアを検証することで、本当に役に立つ研究成果になるようにしています。

MEMBERS

STAFFS

藤川 和利
教授藤川 和利

ユビキタスコンピューティング、モバイルコンピューティングなど広く分散処理技術の研究に従事。また、電子図書館システムの運用技術にも興味を持つ。趣味は有名ゴルフコースをめぐる旅行。

  • 電子情報通信学会 インターネットアーキテクチャ研究会専門委員
  • IEEE/IPSJ SAINT: 2012 Program Co-Chair etc
  • IEEE COMPSAC: 2013 Track Co-Chair etc
新井 イスマイル
准教授新井 イスマイル

ユビキタスコンピューティング(屋内歩行者ナビゲーション、センサネットワーク等)に関する研究、オープンデータ 、シビックテック、子どもプログラミング教育等の社会活動に従事。

  • 情報処理学会 モバイルコンピューティングとパーベイシブシステム研究会(MBL)運営委員会
  • 情報処理学会、ACM、日本データベース学会、情報社会学会 会員
  • WIDEプロジェクト、サイバー関西プロジェクト、Live E!、ICT教育推進協議会 会員
  • 明石工業高等専門学校 非常勤講師
垣内 正年
助教垣内 正年

ネットワーク制御、大規模ネットワーク管理等のネットワークアーキテクチャに関する研究に従事。近年はアドホックネットワーク、GeoNetworkingの研究にも取り組む。

  • 情報処理学会、日本ソフトウェア科学会 各会員
油谷 暁
助教油谷 暁

4K 超高精細映像の IP ネットワーク伝送方式、臨場感を重視したマルチメディアコミュニケーション、視聴者の状況に適応したサイネージ手法に関する研究に従事。

  • 電子情報通信学会、映像情報メディア学会、日本ソフトウェア科学会 各会員
共同研究者
  • 砂原 秀樹(客員教授、慶應義塾大学)
  • 猪俣 敦夫(客員教授、東京電機大学)
  • 河合 栄治(情報通信研究機構)
  • 中山 貴夫(京都女子大学)
  • 島田 秀輝(同志社大学)
  • 和泉 順子(法政大学)
  • 寺田 直美(情報通信研究機構)
  • 池部 実(大分大学)
  • 松浦 知史(東京工業大学)
秘書
  • 田村 多佳子
  • 辻元 理恵

STUDENTS

博士後期課程
博士前期課程
  • 中川 豊
  • 新垣 杏⾥
  • 宇野 真純
  • 奥 雅和
  • 神内 良太
  • 古川 智也
  • 北川 智也
  • 木村 一統
  • 佐藤 哲朗
  • 与那嶺 俊
  • 米澤 拓也

JOIN US

情報基盤システム学研究室は一緒に研究してくれる仲間を求めています!
  • 遊び心がある人
  • 機械オタク
  • 客観的に物事を捉えられる人

以上に当てはまる人は、まずは当研究室に見学にきてください。

研究風景

研究ミーティング

研究分野ごとにいくつかのグループをつくり、毎月1回、各グループで進捗ミーティングを行っています。ここでは各自の研究状況を報告したり、様々な研究タスク(学内発表や学会、学位論文投稿など)に対する進捗確認を行います。

また、特に研究分野が近い者は週1回、より技術的な研究ミーティングを行っています。その他、学生室の片隅での教員と学生とのアドホックなミーティングも頻繁に行われます。

輪講

参加必須の輪講と、有志で行うものがあります。前者は新入生向けです。

有志の輪講は年によって異なりますが、近年は並列処理プログラミング手法に関する輪読会、Linuxカーネルの内部構造に関する輪読会、SICPを輪読する会などを行っています。どの輪講も概ね週1-2回程度の頻度で実施します。

TCP/IP輪講

TCP/IPネットワーキングの基礎を学ぶ輪講です。TCP/IPに関するいくつかの名著を輪読し、各自が1時間程度のプレゼンテーションを行います。近年はA・S・タネンバウムの著書を使用しています。

計算機環境構築輪講

ネットワーキングに関する実践的なスキルを身につけるため、各自が実機を用いてPCルータを構築し、研究室内に実験用ネットワークをつくって運用します。イーサネットケーブルの作成、OSのインストールから始まり、最終的に何らかの動的ルーティングを可能にすることを目指します。基本的にリモートログインして操作を行うので、コンソールの制御や各種Unixコマンドにも習熟することができます。輪講終了後は作成したルータを各種サーバにしたり、実験に使うこともできます。

研究紹介スライド

inet-lab slide

年度初めの研究室ガイダンスで使用しました、inet-lab紹介スライドです。是非ご覧ください。

研究室のあゆみ

2001.4.2
inet-lab講座発足
2002.1.1
中村 豊 助手が着任しました
2002.4.1
藤川 和利 助教授が着任しました
2004.1.1
垣内 正年 助手が着任しました
2004.9
inet-labの公式名称がインターネット・アーキテクチャ講座に決定しました
2005.3.1
中村 豊 助手が九州工業大学に異動しました
2005.3.1
和泉 順子 助手が着任しました
2011.3.31
砂原 秀樹 教授が慶應義塾大学大学院 メディアデザイン研究科に異動しました
2011.4.1
情報基盤システム学講座が発足しました
藤川 和利 教授が着任しました
猪俣 敦夫 准教授が着任しました
2012.3.31
和泉 順子 助教が法政大学に異動しました
寺田 直美 助教が電気通信大学に異動しました
2016.3.31
猪俣 敦夫 准教授が東京電機大学に異動しました
2016.4.1
新井 イスマイル 准教授が着任しました